あなたの知らない手芸の世界

ボタニカルコレクションの特徴

リバティを代表する生地

リバティを代表する生地 リバティと言えば、イギリスを代表する、伝統あるテキスタイルメーカーですが、日本では、小花模様のコットンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、意外なことに、柄の種類は花柄以外にも豊富で、幾何学模様、ペイズリー、動物や車や飛行機、フルーツ、植物など、豊富なラインナップがあります。
またコラボデザインも多数あり、不思議の国のアリスや、ハローキティとのコラボデザインもあります。
またリバティのコットンは、他にないくらいとても使い心地が良いのですが、その秘密は、タナローン生地というリバティ社独自の技術によるものです。
タナローンは、綿100%ながらもしわになりにくいため、アイロンがけがほとんど要りません。
またタナローンには、柔らかな絹のような風合いがあり、この風合いも柄とともにリバティプリントの人気を支える秘密なのです。
柄にはイギリス国内の定番柄、クラシックコレクションと、日本国内の定番柄、エターナルコレクションの2つのコレクションがあります。
シーズンごとに新作が発表されますので、興味のある方はこまめにチェックすることをおすすめします。

アイロンの手間も省けるしっかりとした生地

アイロンの手間も省けるしっかりとした生地 リバティプリントの特徴と言えばやはりその鮮やかな小花柄ですが、実は生地もとても優れているのをご存知でしたでしょうか。
とても手触りがよくてまた軽く、ゆったりと落ちてくれるのが特徴です。
まるでシルクのような上質な生地ですが、実は原材料はコットン100%です。
コットンで作られている為丈夫で、またシワになりにくいのも大きな特徴です。
洗濯をして干す前に手でしっかりと伸ばしてみましょう。
そうすると乾燥した時にシワが残っていない為、後でアイロンをかける必要がなくなるのです。
上質な質感を持ちながらも、手入れが非常に楽でしっかりと丈夫なのがリバティプリントの特徴です。
1920年代にリバティ社がオリジナルで開発された生地なのですが、この時の開発方針が上質なシルクをコットンで再現する、というものです。
その方針のもとに生まれたリバティプリントは、上品さと手入れの楽さを兼ね備え、世の女性達の強い味方となっています。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

Copyright © あなたの知らない手芸の世界.all rights reserved.