あなたの知らない手芸の世界

リバティプリントが人気な理由

リバティ生地はココが人気!

リバティ生地はココが人気! リバティ生地の人気の秘密は、品質の良さにあります。特に、タナローンと呼ばれる薄手のコットン100%のローンは、上質なシルクの服地のように肌触りが非常に良くしなやかで、ブラウスやワンピースにも使われます。
細かい絵柄をプリントされているデザインがありますが、絵柄のずれや色抜け等がありません。
一般の方が趣味で作ったリバティの布の服を着ていても、素材や織り方が丁寧なので、1日中着用した場合もシワになりにくいでしょう。
アイロンをかけずに済むことも多いです。綿なので自宅で洗濯することもできるので、手入れが非常に楽です。
リバティ生地は、素材やデザインにこだわっているため、非常に高価です。一般的に海外で生産された布の方が安価に販売されています。
本場のイギリスで生産されたリバティよりも、日本の工場で作られた生地の方が人気が出ることもあります。
細部まで丁寧に仕上げていることと、人気が高い花柄を中心に作られているからと考えられます。
高価で入手が難しい場合は、新作が発表された時に、前年度に発表されたシーズン柄がバーゲン価格になることがありますので、時期を見て購入するといいでしょう。
一般的に服地の通販サイトの方が、お得に購入できますが、どのようなデザインか確認したい場合は、サンプルの送付を受け付けているショップもありますので、活用することを勧めます。

リバティ生地の定番柄の特徴

リバティ生地の定番柄の特徴 リバティ生地は、イギリスのリバティ社から発売された布地全般を指します。元々イギリスのタナ湖近辺で作られた綿ローン生地が評判となって中心に作られています。
タナローンと呼ばれ、非常にしなやかで薄手の綿100%の布地で、シルクのような肌触りで、シワになりにくいです。
着やすく服地に用いられたり、ファッション雑貨や日用品の製作で使われたりします。イギリス本国からでなく、技術の高さから、日本国内で製作されている物も多いです。
リバティ生地には、定番柄と、春夏と秋冬に発表されるシーズナル柄があります。
定番柄は、密集した色とりどりの花柄や植物の柄のタナローンを指します。他にも幾何学模様やアールヌーボー、ペイズリーなどの柄もあるのですが、日本国内では花柄が非常に人気があり、出回ることが多いでしょう。
小花柄の布地をリバティ風と称して販売されることもしばしばです。一方、シーズナル柄は、斬新な柄が多く発表される傾向にあります。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

Copyright © あなたの知らない手芸の世界.all rights reserved.