あなたの知らない手芸の世界

クラシックコレクションの特徴

リバティクラシックコレクションの生地の特徴

クラシックコレクションの特徴 リバティプリントには三つのコレクションがあります。
コレクションとは柄の大まかなグループ分けのことで、それぞれのコレクションには特色があります。
その内のひとつ、クラシックコレクションはリバティ社がある本場イギリスで定番の柄です。
その為日本で主にイメージされる小花柄とは少し趣きが異なります。
花をモチーフにした柄はやはり多いですが、小さな花が敷き詰められていることが多い日本向けのものとは違い、大きな花が使われることが多く、よりダイナミックな印象を与えます。
大小の花を用いられていることも多いです。
また花以外にも、ピーコックフェザー、つまりクジャクの羽をモチーフにした定番柄や幾何学模様の生地も多く作られています。
いずれもリバティ社の長い歴史の中で、百年以上愛されてきた定番の柄で、リバティ社を代表する生地の数々が並んでいます。
クラシックコレクションという名前にもある通り、その柄からは昨日今日生まれたわけではない深い歴史を感じることでしょう。

リバティエターナルコレクションの特徴

エターナルコレクションの特徴 リバティプリントには三つのコレクションがあります。
コレクションとは柄のグループ分けのようなもので、それぞれで柄のタイプが違っています。
その中で日本で最も有名なのがエターナルコレクションと呼ばれるコレクションです。
エターナルコレクションとはリバティプリントの内、日本で発売されている定番柄のことを指します。
定番柄とは言いますが、数年ごとに入れ替えを行っています。
エターナルコレクションの特徴はその鮮やかな花柄です。
小花柄と呼ばれるそれは、生地全体に花が敷き詰められています。
非常に優雅なその色合いと花の絵は、多くの人の人気を集めています。
日本の人がリバティプリントと言えば、と問われた時に思い描くのがこのコレクションでしょう。
柄の種類は圧倒的に花柄が多いですが、一部には幾何学模様であったりペイズリー柄もあります。
こちらも花柄と共通する雰囲気を持ちながら、違った表情を見せる柄が魅力的です。
高いデザイン性を感じます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

Copyright © あなたの知らない手芸の世界.all rights reserved.