あなたの知らない手芸の世界

リバティ生地を知る

リバティ生地を知る

リバティ生地を知る 近年では、Tシャツなどの洋服や靴、トートバッグ、ポーチ、手帳といった文房具など、さまざまなアイテムがリバティのコラボ商品として販売されています。
人気がある一方、リバティ自体を知ることはなかなかないかもしれません。
リバティとは、生地のブランドを指します。
元はイギリスの会社です。
英国のプリントデザインを日本で販売している日本法人もあり、日本でコラボ商品ができるのはこちらから卸されているものがメインとなっています。
デザインが美しく、華やかな色合いや生地一面に広がる小花柄など、日本ではかわいらしいプリントが人気です。
その他にも、幾何学模様やペーズリー柄、アールヌーボー柄などさまざまなデザインがあります。
生地自体も素晴らしいもので、代表はタナローンというものです。
タナローンは薄手ですが、コットン100パーセントでできており、さらさらとした感触はまるでシルクかと思うほど良いさわり心地です。
タナローンのさわり心地には高級感があり、他のメーカーにはないものです。
ぜひ他のメーカーとさわり比べをしてみてください。
さわり心地の違いにびっくりするでしょう。
アイテムに加工されたものも素晴らしく可愛らしいですが、その素晴らしさを知るために本物のリバティ生地を見てさわってみてはいかがでしょうか。

リバティ生地の種類は豊富

リバティ生地の種類は豊富 普段使用する小物などの実用品を、自分で材料を買って手作りするという趣味を持つ人はたくさんいるでしょう。
その材料の中でも中心となるのが布地で、お値段の手頃なものから高級なものまで色々な商品が販売されています。
それらの中でもイギリス発祥のリバティ生地は、価格は決して安いものではありませんが、いくつもの特徴的な魅力があることから、世界中の多くのファンから支持を集めるほどの人気を誇っています。
これはイギリスで1875年にサー・アーサー・ラセンビィ・リバティという人物によって創業された、リバティ社が発表するデザインが施された生地のことです。
その魅力としては、素材の品質の高さや仕上がりの良さなどと共に、デザインのすばらしさを挙げることができます。
そしてリバティ生地の大きな人気の理由となっているのが、そのデザインの種類がとても豊富で、自分の好みに合ったものが見つかりやすいという点です。
例えば日本で特に人気の花柄のデザイン一つを取ってみても、大きなヒマワリが重なるように描かれているスモール・スザンナ、ポピーとデイジーという二種類のお花がびっしりと描かれているポピー&デイジー、お花と共に小鹿などの動物たちが描かれたファーガスなど数多くの種類があります。
また花柄以外にも、ペイズリー柄や幾何学模様などのデザインも人気があります。

おすすめ手芸用品関連リンク

リバティプリント(タナローン他)、レザーパーツなど手芸用品・生地の通販サイト

リバティ 生地


Copyright © あなたの知らない手芸の世界.all rights reserved.